📔 MediaPackage 用の CloudFront ディストリビューションを AWS SDK で作成する

はじめに とある事情で MediaPackage のエンドポイント用の CloudFront ディストリビューションを AWS SDK で作成する機会がありました。その際得た知見をソースコードを交えながら備忘録として記事に残しておきます。 本記事内容で紹介しているソースコードは Gist にも同じ内容でアップしてあります。 ちなみに MediaLive + MediaPackage + CloudFront の構成でインフラ構築したい場合は、CloudFormation が MediaPackage にも対応したので CloudFormation の利用を推奨します。 本記事内容はあくまでも何らかの事情で、後から CloudFront ディストリビューションを MediaPackage エンドポイントに紐づけたいケース等で参考になると思われます。 実装内容 作成したソースコードの内容は下記になります。 最下部の createDistributionForMediaPackage が本記事タイトルに該当する関数です。 import { CloudFront } from "aws-sdk"; import * as url from "url"; import { CreateDistributionWithTagsResult, GetDistributionResult, UpdateDistributionResult } from "aws-sdk/clients/cloudfront"; export class CloudFrontClientForMediaPackage { private cloudFront: CloudFront; constructor() { this.cloudFront = new CloudFront({ region: "ap-northeast-1", apiVersion: '2020-05-31', }); } /** * CloudFront ディストリビューションの情報を取得するために利用する * @param id CloudFront ディストリビューションの ID * @return ディストリビューションの情報を取得する */ async getDistribution(id: string): Promise<GetDistributionResult> { const distribution = await this....

December 15, 2020 Â· 5 分 Â· Me